麻雀記事66%、普通の記事33%、優しさ1%で構成されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

映画「トランスポーター感想」

私のリンク先に「ぞるたんのシネマ日記」という映画の感想ブログがあります。

この方の感想は、自分の経験などをあまり挟まず
総合的な視点から映画の感想を、非常に読みやすく書かれており、
よく拝見させてもらってるのですが、
そんな、ぞるたんさんのレビューの中でひときわ異彩を放った感想があります。
それこそが、この「トランスポーター」という映画です。





ぞるたんさん曰く、この映画の感想を一言で表すと、
ヒロインうぜぇぇぇぇぇぇぇですかね。(ひどい)
ということらしく、珍しく、太文字を多用しつつ、突っ込みまくってます。

文体を見る限り、温厚そうな方がここまで突っ込んじゃう映画とは、
果たしてどのような映画なのか。
非常に気になってしまったのがきっかけです。

早速、Youtubeで予告編を見たのですが、なかなかカッコいい。主人公、渋いです。
00065.jpg
ちらっとヒロインらしき人も出ますが、好みの女性ではないものの、(見た感じ)普通です。

さらに、TSUTAYAにいくと、トランスポーターは、なんと8本ぐらいありました。
よほど人気なのでしょう。
こんなに人気の映画のヒロインがうざいの?と段々疑問を感じてきました。
更に、私は仕事柄色々な人間を見ます。少々のうざさでは全く動じません。
こりゃ、普通の感想になるかもな、と思いつつ、TSUTAYAの女の子に一週間でレンタルを希望。

そして、翌日、鑑賞を終えました。
私も、感想を一言でいいましょう。

ヒロインうっぜえええええ

です。まさに電光石火の前言撤回でした。

ただ、一点、フォローすると、「怒りを超えて冷静になるレベルのうざさではない」という感じですね。
「何だ、こいつwwwうぜえええwwww」って感じのうざさだと思ってください。

映画のストーリーはやや、ん?と疑問になるシーンもありますが、
面白さ重視なので、その点はあまり気になりません。
車や主人公も非常にかっこいいので、その点は素晴らしいです。

ただ、このヒロインだけは、驚きのうざさ。
特に、もはや、このうざさが凄い!と思ったシーンはこちら。

主人公のフランクが、色々あって、敵の集団に家を爆破された挙句
それでも命からがらヒロインを助けた後、
(なお、フランクは一切悪くなく、連れ去れそうになってたヒロインに哀れみを感じて助けてるだけです)
家が爆破された、という事で警察に事情を聴かれます。

フランクは、どんなものでも運ぶ、運び屋というある意味、違法に近い仕事をしてるので、ひやひやですが
何とか苦しい言い訳をします。取り調べの刑事は、怪しいと感じつつも、
別の要件で呼ばれて、「ちょっとだけ席を外します」

しかし、そこで、ヒロインは、なんと警察のPCをいじりはじめ
自分たちに攻撃を仕掛けた敵の情報を集め始めます。見られたら完全に不審者ですよね。

フランクは思わず、「おい!ここは警察署だぞ!」と静止しますが、

00063.jpg


ヒロイン「あなたって文句を言わないのはセックスの時だけね!」

うzzzzzっぜえええええええええええええええええええええええええええええええええええ

その時のフランクの顔。

00064.jpg


ブチ切れていいんやで。。フランク。。

しかも、使ったPCの画面はもとに戻さず、★そ・の・ま・ま★


ふざけんな。
(まぁ結果的にはほんの少しだけ役に立ちますが)

ちなみに、日本語吹き替え版をちらっと聞いたのですが、吹き替えの人は狙ってるのか分かりませんが、
やたら耳につく声とセリフでした。うざさが5割増しって感じなので、
うざさを楽しみたい人はそちらを見るといいかもしれません。

なお、監督や映像の人たちで行ったオーディオコメンタリーがあったので
それも聞いたのですが、上述の刑事さんが、閉まりそうなドアに、
ばしっ!と足を入れて、閉まらないようにするシーンがあるのですが、
そのシーンは13回ぐらい取り直し、「悪意を感じるw」と言わせたそうですw

他にも、とある人が一瞬、娘が亡くなったと勘違いし、
銃を持っている手が震える、というシーンがあるのですが、
てっきり、演技だと思ってたのですが、これも、重さ4kgの銃を片手で持つシーンを
ずっと撮り続けた結果、手がプルプルしてるだけ、とのことw

監督たちは、「ん?このシーン、手が震えてるよ?」
「あぁ、これ重いんだよwwしかもずっと撮ってるからね」
「「なるほど!HAHAHA!」」という感じでした。

なんなんだよw!この映画はw!
しかし、そんな点も含めて非常に面白かったですw
面白いレビュー記事を書いてくれたぞるたんさんに感謝。

皆さんもよかったら見てみてはいかがでしょうか。
では、今日はこれにて。

関連記事
スポンサーサイト

2012-11-21 : 映画&音楽 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

こんばんは。
ジェイソン・ステイサムは某映画ライターから「ハズレの合コンに来た男の表情をきめるのが得意」と評されてます。キャプチャの表情がまさにそんな感じで笑ってしまいました。
オーディオコメンタリーおもしろかったですよね。刑事役の人が、何度も足を挟まれたり、何箱もたばこ吸わされたりと見た目のゆるふわ具合にそぐわない苦労を強いられていて、涙を禁じ得ませんでしたw
2012-11-22 00:18 : ぞるたん URL : 編集
>ぞるたんさん
こんばんわ。
ぞるたんさんのおかげで、とても楽しい時間を過ごせました。

>「ハズレの合コンに来た男の表情をきめるのが得意」
まさにこれwww (というか実際そんな状況ですよねw)
ヒロインのキャプチャーも、中々うざさが出てていい感じかな、と思ってます。
おかげで、トランスポーター2、3や、この主演の方の他の映画にも興味が沸いてきました。

今後も、面白いレビュー、楽しみにしてますね!
2012-11-22 00:45 : tukiwa URL : 編集
もしかしてtukiwaって英語音声の英語字幕で映画を見られる英語マイスターだったの!?
2012-11-22 01:06 : じぇんとるまん URL : 編集
やはり女はくずで男の方がいいと
tukiwaは言いたいってことでおk?
2012-11-22 10:07 : 喪雀士a URL : 編集
>じぇんとるまんさん
字幕があれば何とかわかる程度です。
せっかくの洋画なんで英語のままで観るのが理想ですね。。

>喪雀士aさん
全く、君はどうしても俺をホモにしたいようだな。
矯正してやるから、トイレに来なさい
2012-11-23 02:06 : tukiwa URL : 編集
オーディオコメンタリーって面白そうだな
いつも見ずに返却してたけど今度からは見てみようかな
2013-01-03 22:06 : URL : 編集
>名無しさん
やっぱり解説が入ると面白いですよ。
麻雀も解説が入ると一気に面白くなる、そんな感じですね。技術的にも音声的にも。
2013-01-07 00:28 : tukiwa URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

タグクラウド

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。