麻雀記事66%、普通の記事33%、優しさ1%で構成されています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

楽しさをモットーにした麻雀勉強法「付箋精度法」について。

こんにちわ。tukiwaです。

最近、段位戦を打ち始めました。

しかし、これ以上降段すると本当に恥ずかしいので、
勉強も同時にやっていってます。

ただし、勉強に関しても、配信中のメカゼットンさんのお言葉であり、自分の麻雀方針でもある
「楽しくやること」
をモットーにしていこうとおもいます。
これは気分の問題でなく、実際に技術向上に必要な要素なので外せません。

今日は、その勉強のやり方について書いていきます。

さて、本来は真剣にやるなら期間を決めて、しっかり勉強してから実践に移るべきだと思うのですが、
最近、私にとっては「麻雀」に関しての勉強は期間を決めずにやったほうが良さそうに思えて来ました。

というのも、ぶっちゃけた話、最優先事項じゃないからです。

最優先事項じゃない「麻雀」に関して、期間まで決めだすと、
他にやりたい事があった場合、ブッキングしてしまい、
結果、集中できず、時間の使い方において一番よろしく無い事になりそうだからです。

よって、麻雀の勉強は期間を決めずに、じっくりやっていくことにしました。




そして、勉強法についてですが、
以前は、「現代麻雀技術論」さんというサイトを読んでいたのですが、
実は、(私に問題があるのですが)若干サイトの構成が苦手でして(´ω`;)

すごく綺麗にまとめてくれてるのですが、
ちょっと技術に特化しすぎてて、勉強してる感が半端ないというか。。

(実は、早朝と昼に、仕事の勉強をしてるので、
あまり、勉強勉強したくないんですよね。決して、現代麻雀技術論さんが悪い訳ではありません。)




では、どうやって雀力を向上させるか。

さて、その前に、最近は麻雀を打つとき「付箋を見つつやる作戦」を行なっています。
↓こんなの

000221.jpg


実はこれが結構、功を奏している感じなので、
この「付箋」をより精度の高いものに上げていく事
すなわち、雀力の向上につながるのでは無いか、と考えてみました。

現在の付箋はこんな感じ。大きな方針(注意・鳴き・立直・降り・突っ込み)だけ書いています。
左の付箋が実際に使う付箋です。右のは、解説です。

000239.jpg

では、どうやってこの付箋の精度を上げていくか。

それは、うまい人のブログを見て、
この付箋に書かれた事が、うまい人の判断と一致してるか確認することです。


具体的には、「まゆこの麻雀戦術」さんというサイトがあるのですが、打ってる人はなんと九段。強者です。
何切る?や降り攻めについて画像付きでご自身の考えを書いてらっしゃるのですが、
その判断と、自分の付箋を見比べる!!

これなら、非常に簡単です。もし、判断が違ったり、参考になりそうなことが書いてあれば
それを読めばいいだけですから、正直一から勉強するより、早いかと。

実際に、試してみたところ、勉強というかブログを読むのと同時にできるので楽です。
しかも、やることが定型化してるので、さっと見て大丈夫なら次々行ける、という利点があり、
上記のサイトさんでも、全記事だいたい2,30分ぐらいでチェック出来ました。


付箋自体の精度は、なかなか良い感じで、ほぼ、降り攻めの判断は、同じ感じ。
いくつかのケースと、牌理が結構違ったので、それは別の付箋にメモしていってます。




そして、判断の参考にさせてもらうサイトですが、まず、「麻雀を楽しむこと」を思い出させてくださった
メカゼットンさんの打牌も参考にしていきたいのですが、彼は非常に記事の数が多いので、
とりあえず記事が少なそうな

ポンチーのススメ・・・mjtextnakiさん
とりあえず麻雀研究始めてみました・・・nisi5028さん
初中級者のための麻雀何切る問題集・・・六分儀さん
リアル麻雀連合・・・いちかわさん

以上のサイトで、勉強させてもらおうとおもいます。(いずれも強者です!)

それが終わったら、記事数の多い、

押しすぎくらいがちょうどいい・・・メカゼットンさん
もう天鳳しか見えない・・・このきーさん
福地誠blog・・・福地誠さん

以上のサイトで。

それも終わったら、多分、だいぶ私の戦術付箋も精度が上がってると思うので、
再び、「現代麻雀技術論」さんで勉強かな。




なお、自戒として、一点注意することは、ずっと付箋を見ていちゃダメだということです。
手出しや場の状況で注意することはたくさんあります。
あくまで付箋は注意事項を忘れないように。判断基準をスッキリさせるためだけのものです。
見なくても、大丈夫になるまでの、補助記憶装置に近いものですね。
その点に注意しておこうとおもいます。

以上が、楽しさがモットー。麻雀勉強法「付箋精度法」です。
いかがでしたでしょうか。






さぁ、これでtukiwaは昇段できるのか。はたまた降段しちゃうのか。
みなさんも、楽しみにしていてください。
(てか、これで降段したら、この勉強法の信憑性・・・0になるな・・・)

コメント欄では、他の勉強法のお勧めや、
特に景品はありませんが、降段か昇段か、予測コメントなども歓迎です。



今日はここまで。長々とすいません。
読んでくださりありがとうございます(´ω`)!
関連記事
スポンサーサイト

2013-04-03 : 喪雀 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
僕も麻雀の勉強は2の次だね
勉強より先に麻雀で遊んじゃうけど・・・
付箋戦法で六段復帰お祈りします
2013-04-04 02:51 : URL : 編集
おぉ、最近の記事は凝ってるね
たしかに勉強苦手でも出来そうな気がしてきた
2013-04-04 03:15 : URL : 編集
No title
僕は麻雀の楽しみ方とかよくわからないので技術習得のみに限定した意見ですけど、そういう手法もあるよということで…。
ネット上で参考にするなら現代麻雀技術論だけで十分かと思います。(無駄な知識を入れないという意味で)
後はベタオリ・牌理・(天鳳の)ルールやシステムへの対応の3点に絞って精度を上げるのが(鳳凰到達の)最短距離ですかね。
細かい押し引きを疑うよりも基本雀力(↑の3点)を疑う方が効率的です。(基本雀力を伴わない細かい押し引きは結果論でしかない。)
2013-04-04 03:21 : 01 URL : 編集
No title
>名無しさんへ。
ぼくもついつい、面倒くさくて2の次にしちゃうけど、
最近モチベーションが高いので一気にやっちゃいたいと思ってます。
そのへんのきっかけも後日詳しく書くので参考になれば嬉しいですね。
六段応援ありがとう!頑張ります!

>名無しさん2へ。
前々から勉強法について書いてみたかったので、
だいたい書けて良かったです。
僕も勉強は苦手なんで、なんとか面白い勉強法というのを
考えてやっていきたいと思ってます。
2013-04-05 00:03 : tukiwa URL : 編集
No title
>01さんへ
こんばんわ!
いつも、私とは違う視点でのコメントを下さりとっても嬉しいですし、
強い方からの意見という意味でも、とても勉強になります。

私自身もこの勉強法を初めて、そもそも押し引き以前の手順である「牌理」が
全然出来てないことに改めて気付き始めました。

そこで、お勧めである現代麻雀技術論さん内の
「牌理」「手役構成技術」「オリの技術」は優先して読んでいきたいとおもいます。

ちなみに、もし良かったらお聞きしたいのですが、「(天鳳の)ルールやシステム」というのは、
ラス回避が重要、とかそういった事でしょうか?
また、いつでも結構ですので教えて頂けると嬉しいです。
2013-04-05 00:18 : tukiwa URL : 編集
No title
色々とノウハウを紹介してくれるのは実にありがたい

ところでツキワは天鳳ではどのルールが好みなん?
最近は東風とサンマを予約してるようだけど東南戦嫌いになったん?
2013-04-05 02:48 : URL : 編集
No title
>ちなみに、もし良かったらお聞きしたいのですが、「(天鳳の)ルールやシステム」というのは

牌理やベタオリはどんな麻雀でも共通ですけど、ルール・システムが違うと条件設定や最適戦術が変わってくる(打ち方が限定されたり逆に自由度があったり)ということですね。
特に天鳳の段位戦のpt配分(3着が0でラスがマイナス)というのが顕著ですけど、それ以外にも色々とあります。
まずどこで打つのかをしっかり意識して、限定される部分とされない部分をシンプルに提示する方が良いかと。(tukiwaさんの付箋にはそれがあいまいな感じがしました。)
具体的にはtukiwaさんがどこでどんな風に打ってるかわからないと何ともいえない感じですが。(ある程度牌譜を見せてもらえれば)
2013-04-05 21:39 : 01 URL : 編集
No title
>名無しさん3へ
ルールは何でも良いですけど、慣れてるのは東南アリアリですね。
なしなしも時々やると面白いです。

喪雀で、三麻と東風をやるのは、回転率を重視してるからですね。
東南戦が@1になったり、スレにコメントがあれば、そっちを予約してますよ!
2013-04-06 23:05 : tukiwa URL : 編集
No title
>01さん
お返事ありがとうございます。
また、返信が遅れてすいませんでした。

なるほど、何となく分かった気がします!

牌譜は見て頂けるととても嬉しいのですが、現状、牌譜をみなおすと、
ちょっと自分でも突っ込みどころが多すぎるので、
(01さんから見れば、おそらく疑問と突っ込みが、コメント欄に書ききれないレベルかと(笑))

現状、勉強方針を変えて、現代麻雀技術論さんをひと通り読む感じで勉強をしています。
それが終わって、自分でもある程度納得でき、
01さんから疑問がでたらそれを答えられるレベルの牌譜を作りますので、
その時は、是非、見て頂けると嬉しいです。

長々とすいません。いつも、お気を使っていただき、
本当にありがとうございます!(´・ω・`)b
2013-04-06 23:18 : tukiwa URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

タグクラウド

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。